時の記憶

*

f0177694_218258.jpg

by wind-obaba | 2011-12-05 21:08 | 風景 | Comments(6)
Commented by pata-001 at 2011-12-05 22:27
お母様のご冥福をお祈りいたします・・・・。
ブログのお写真でお顔を知っているだけに、言葉がなくて・・・
お声をかけにくく・・・
でもやはりひとことでもと・・・
まだまだ通常には戻れませんね・・・

日に日に更に寂しく感じられることでしょう
ご自身のお体を労ってください。
ご無理のないようにね。
Commented by hiroships_0820 at 2011-12-05 23:04
こんばんは
僕は20代で父を、40代で母を亡くしましたが
圧倒的に40過ぎでの母の死は骨までこたえました。
しかし50を過ぎた最近、父や母との良い想い出ばかりがやたら湧いて来て
タフな時の心の支えになっています。
亡くなっても心に生きている、という事をまざまざと実感できて
あらためて父母に感謝している今日この頃です。
あ、ごめんなさい自分の事ばかり語ってしまって...

とにかくおかえりなさい、windさん。
Commented by cahier-b at 2011-12-05 23:26
小さな背中が可愛いですね。
この広い空間の中で膝をかかえて、
どんな気持ちを抱えて佇んでいるのか、
哀しいのか嬉しいのか分からないのですけれど、
言葉にできるときが来たらこちらを向いてくれるのか、
そのときが来るまで、ただ待っていることしかできないのかもしれませんね。
お母さまのこと、大変でしたね。
御冥福をお祈りしております。
Commented by wind-obaba at 2011-12-06 21:55
pata-001さん、こんばんは。
母へのお悔やみのメッセージありがとうございます。
私もまさかこんなに早く逝ってしまうなんて
思ってもいなかったので、Blogで母の写真を出した事が
返って皆さんにお気遣い頂き、申し訳なく思っています。

私の今の生活は母の生き方を見習ってのものなので
当分ボ~~ッとしてると思われますが、そうも言ってられず...
忙しくしてるほうが気が紛れていいように思います。

ありがとうございます、これからは自分の身体も
労わりながら、母の供養の為にも元気で
居なければと思っています。
コメント、感謝いたします、ありがとうございましたm(__)m
Commented by wind-obaba at 2011-12-06 22:04
hiroshipsさん、こんばんは。
そぅだったんですか、お若い時にお父様を亡くされたんですね、
だったら尚の事、お母様がお亡くなりに成った後は
お辛かった事でしょうね。
hiroshipsさんのコメントからだと、同じように思えるまで
まだまだ時間は掛かるかも知れませんが、今も母の笑い顔が
頭の中に浮かびます。
母にはほんとに感謝しています。
亡くなる寸前まで母は子を思っていました。
ボチボチですが、また宜しくお願い致しますねm(__)m
hiroshipsさんてずっとお若い方だと思っていました(汗
失礼な言葉使いが無かったでしょうか?
だとしたら済みませんm(__)m
ありがとうございましたm(__)m
Commented by wind-obaba at 2011-12-06 22:12
cahier-bさん、こんばんは。
母の事、ありがとうございますm(__)m

この写真から私にメッセージを下さったのですね、
お心遣いありがとうございます。
どんな形でもずっと居て欲しいのが親、それは子の願いですが、
母はこれから入退院の繰り返しだったと思うので、
本人からすれば理想的な逝きかただったのかも
知れません、そう思うようにしています。
悲しみや寂しさはずっと有ると思いますが、
いつかはきっと穏やかに思えるようになると思います。
優しいお言葉、ありがとうございましたm(__)m